2011.12.27 放射能汚染

2011年12月27日

 

私は今日何を口にしただろうか? 

 

今日は何ベクレル政府にだまされて食べたのか?
いつも考える。

 

政府の定めるいい加減な『暫定基準値』を下回る食品が我家の食卓へ運ばれている。

 

『ただちに健康に影響を及ぼさない』といういい加減な説明はホトホト聞き飽きた!!

 

放射線物質はたし算である。少量であっても体内に蓄積され内臓組織やDNAを傷つける。家族は大丈夫なのか私は家族を守れるのだろうか・・・・

 

放射線物質が日本で検出された今、100%安全という食べ物はあるのだろうか?・・・

 

私の周りの人はけっこうノーテンキである(笑)
『河合さん、大丈夫やで』簡単に言いのける。

 

では私が気にしすぎなのか?・・・そうであって欲しい!!!!

 

だが、決してそうではない。これは現実なのだ!!

 

こうしてるうちにも放射線は今も日本中にバラ撒かれている。

 

現在進行形なのだ。世界最大級の原発事故なのだ。

 


我々は何らかの汚染されている食品が流通していることを認識したうえで、自分が口に入れる食品を選択する時代になったのだ。何とも情けない話である。

 

政府や企業はそのための情報を正確に国民に提供するべきなのだ。

 

小手先のゴマカシは、もおいらない。

政府や企業はすべてを公表すべきなのだ。

 

これをしない限り風評被害もなくならないし外国からの日本食品の輸入解除も無くならないと私は断言したい。

 

                         by河合
                          感謝!!

2011.12.27 放射能汚染

2011.12.27 放射能汚染