2014 .1.11 最近の感想

2014年01月11日

箕面市の不動産会社の社長で自称「下町の映画評論家」とおっしゃる方がおられて

私とも親交があり最近観た映画の話をすることもチラホラと・・・

 

っでここ最近観た映画を「下町の映画評論家もどき」

として独断でベスト5までつけさせていただくと下記の感じか

 

ベスト1

かぐや姫の物語  98点

切なさがこみ上げてくる・・・・

久々に映画で泣けた。「宮崎 駿さんがこの映画で泣くのは素人だよ」って言ってたそうな。

そんなことは関係ない。最高の映画であり水彩タッチの絵も最高に素敵だった。

 

ベスト2

ゼロ.グラビティ   95点

究極の映画だと思う。ぜひ一度観ていただきたい映画である。

TSUTAYAのレンタルではもったいない!!

IMAXの3Dで観ないとこの映画は語れない。一人で宇宙にいる様な錯覚すら覚える。

まるで自分が宇宙旅行に行ってきたような気になる、素晴らしい出来だ!

レンタルではもったいない!

 

ベスト3

永遠の0      94点

これも泣けました。映画を観てから原作を読んだが原作もまた良かった。

ゼロ.グラビティと甲乙つけ難い。あえてグラビティに負けた理由は

エンディングのテーマ曲の「桑田の声があってない。」(サザンは大好きなのだが・・・)

この映画のエンディングに曲はいらないと思う。字幕だけのほうがいい・・・・

もったいない・・・・・・・・・

 

ベスト4

風立ちぬ      85点

宮崎駿作品としては並みの出来では・・・

「千と千尋の神隠し」と比べてしまう自分が悪い?

 

ベスト5

清州会議      65点

前評判が良すぎた作品に感じた。

 

っとまぁ「下町の映画評論家もどき」である河合の評論であるがいかがなものか。

 

                                by河合

                                    感謝!!

最近の感想1

最近の感想2

最近の感想3

最近の感想4