2015.10.29  交差点にて

2015年10月29日

梅田で御堂筋に出る交差点で私は右折するために交差点で待っていた。
私より早く交差点に入って左折する赤のワーゲンの運転がモタモタして遅い。
つまり、わかり易く説明すると運転が、ちょっぴり下手なのだ。
っと、その瞬間『パァーーーーーーーーー』っと大音量の下品なクラクション!!
また、その下品なクラクションを、鳴らしてる時間が長い!
そこまで鳴らさなくてもいいだろう。

横断歩道を渡っている人もガードマンも、その背丈が2センチほど伸びたのが
よくわかったっと書いたらその音量の凄まじさが想像できるだろう。
その『パァー』の犯人はダンプカーである。
なにもダンプカーは悪くないのだ。
それを運転してる人間の品格があまりに悪い。
見た目も
オラオラ系だ。


鳴らされた60才ぐらいの女性は猫背になりながらオドオドとハンドルを左に回してしきりに小さな声で『ごめんなさい』を繰り返してた。

私の中でダンプのイメージが悪いのは、こういった場面を数多く見てるからだろう。 

それに比べ同じ大型でも佐川急便やヤマト運輸の紳士的な運転。

ドライバーの品格でイメージも変わって来る。

 

               by河合

                    感謝!!