[エリザベス・ナツコ の 憂鬱な日々]

2014年02月02日

前回お知らせしましたが、1月24日(金)ついに「なっちゃん」の避妊手術が執り行われました。

 

その日から「なっちゃん」は<エリザベス・カラー>(母はこれをラッパと呼ぶ)を首に巻き、

おまけに病院特製と思われる<傷口なめなめ禁止服>を着ての不自由な生活が始まりました。

(1枚目写真参照)

 

25日(土)帰宅しての様子は、一言で言うと「真っ直ぐしか歩けない」でした。

顔より大きいカラーの所為でそこらじゅうに当たり、横が見えないからか怖がり

バックで歩き出す始末でした。

そのせいで2枚目写真の様にバランスを崩して仰向けにコケルし・・・

(それはそれでオモシロかったけど!)

 

ただただ食欲だけはやっぱり旺盛で、お皿をすっぽりカラーで隠して貪り食う様子を見ていると、

「かわいそう」と言う気持ちも薄れてしまいます。ふ~。

 

そして29日(水)中間検査に行き、「もしかしたら今日カラーも取れて、抜糸もするかも」と言う期待は

外れ、予定通り10日目に抜糸と決まり多分「なっちゃん」もガックリきたことでしょう・・・

 

そしていよいよ10日目・・・2月2日(日)

<傷口舐め舐め禁止服>を取り去り抜糸をしたときに、一緒にかさぶたを取るのですが、

その時うっすら出血が・・・

 

人間なら「舐めとったら大丈夫」と言うところですが、獣医さんは普通の事は言いません。

おのれが・・・いやいや先生がかさぶた取るのにもっと慎重に取れば良かったのに、

こう”ほざき”・・・もとい こうおっしゃいました。

 

「傷口が完全に乾くまであと3日エリザベス・カラーは取らないでください!!!」 ???

 

赫々云々(かくかくしかじか と読みます) そうゆう事情でもうしばらく

                 

               [エリザベス・ナツコの憂鬱な日々]は続くのでした。

 

         「なっちゃん」に昔の日々が帰ってくるのか心配な”語り部の木戸”でした。

2014.2.2  なっちゃん通信Vol.6

2014.2.2  なっちゃん通信Vol.6