2015・4・22 名前ってやつは・・・

2015年04月22日

最近、名前の事で「思い込みはアカン!」と思うことがありました。

皆さんご存知、「織田」は普通<オダ>と呼びますよね~。

でもオダと読まない人がいたんです。普通100人いてたら100人<オダ>と呼ぶでしょう。

では何と呼ぶのか?    それは秘密・・・

まっ言われてみればそうかと言う名前です。 戦国時代のオダ信長のおかげで、この

織田はすべてオダと読むように日本人にインプットされてるんですね~。

 

最近ではテニスの錦織君がそうですよね!

普通ってゆ~か、この錦織君が出てくるまではほとんどの人は

「にしきおり」と呼んでたはずです。

でも古くは「にしこり」と読んでたらしいですが・・・

 

さあ私の「木戸」ですが、明治維新の立役者 長州の桂小五郎こと「木戸孝允」は

父方の遠い親戚・・・なわけがなく。全くの他人です。はいはい。

どうせ明治の御代に「ミヨジ付けなあきませんよ~」って言われたときに、

近所の物知りか、寺のお坊さんに「お宅は木の戸があるから木戸にし~」

とか言われて木戸になったに違いありません。

 

木戸と言う姓に飽きてきた ”語り部の木戸” でした。

名前ってやつは・・・

名前ってやつは・・・