2015・8・9  70年目の長崎の鐘

2015年08月09日

今日、8月9日は長崎に原爆が落とされて70年目の節目の日・・・

6日が広島県人にとって、特別な思い入れのある日であるように

9日は長崎県人にとって、否、原爆の被害に遭われた全ての人にとって特別な日である。

 

私、木戸は今でこそ本籍も大阪ですが、生まれたのは長崎で両親二人とも長崎出身です。

親戚の中にはこの原爆で亡くなったり、生き残ったが原爆症で苦しみぬいた身近な人がいます。

背中一面ケロイドの叔母がいて、初めてその背中を見た小学2年の私は

怖くて寝られませんでした。

忘れられない、記憶から消えない叔母の背中です。

 

しかし、生まれてすぐ大阪に来て育ったからか、核兵器廃絶とか言われても

何故かピンと来ないのです。

核兵器をなくそう!  そう叫んでも核兵器を持つ国が増えてるのが現実です。

この日が来ると、なんともやるせない気持ちになる。

 

人間のダメな所より

素晴らしい正義があるところを信じたい

                ”語り部の木戸”でした。