2016.7.18 夏休み・・・

2016年07月18日

なんか電車が空いてきたと思ったら、高校生が乗っていない・・・。

夏休み! 羨ましい!!   

 

夏休みと言えば「読書感想文」ですが、この前2016年の課題図書をちらっと見たけど・・・

知らん! なにこれ?   っちゅうことで、私の推薦図書をば・・・・・・・。

 

「世界宗教講座」井沢元彦

ついこの間バングラディッシュで7人の日本人が犠牲になったテロ事件がありました。

ムスリムに対してただ何となく「怖い」と感じてる人、イスラム教徒すべてに違和感や恐怖を感じ生理的に避けたいと感じる人等々・・・。

それはイスラム教に対する無知から来ているのではないですか?

という事でイスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教、儒教の基礎から学べる

井沢元彦さんの,この本がそれぞれの宗教の違いも分かりやすく解説してくれています。

先ず相手の事を知ろう!!!

もっと詳しく解説している本も出してるので、これは入り口です。第一歩です。

 

「奇跡の人」真保 裕一

この本の頃の真保さんの小説は外れがなくどれも面白いです。

同名の有名(ヘレンケラーの伝記)な小説とは似ても似つかず、題名だけが同じです。

内容はここでは言えませんが、読み始めてしばらくしてからのこの違和感・・・。

どうしても最後まで読まないと気が済まない気分になります。

タイトルの意味も途中で「そういう事か」と思いますが、最後に本当の真の意味が・・・。

 

「正しい大阪人の作り方」わかぎ えふ

これはもう暑さでぼォッとした頭を笑いでシャキッとさせましょう!!。

大阪人なら納得の突っ込みどころ満載のスーパーエッセイ集です!。

わかぎさんの本はどれもこれもお薦めの抱腹絶倒のエッセイです。

大阪人なら・・・大阪にお住みの方ならぜひ1冊や2冊や3冊は読まんとね!!!

 

暑い日はエアコンが効いてるところで読書三昧の日々を・・・

 

っと言いながらなかなか本を読めていない”語り部の木戸”でした。

 2016.7.18  夏休み・・・

 2016.7.18  夏休み・・・

 2016.7.18  夏休み・・・